カートをみる マイページへログイン  当サイトでのご購入の流れ お客様の声(楽天支店レビュー) お問い合せ サイトマップ
そば工場直送でお届けします

石臼挽きそば [商品番号EU-35]


そば粉十割の究極の味!緊急時の非常食・保存食にも最適

蕎麦は、全て石臼挽きそば粉を使用!

そば粉は、通常、石臼挽きか機械挽き(ロール挽き)にする方法があり、乾麺製麺では大量生産ができ、価格も石臼に比べ安価なロール挽きそば粉を使用するメーカーが多いのですが、こちらのセットは全て石臼挽きそば粉を使用しています。

石臼挽きそば [商品番号EU-35]

価格:

3,500円 (税込 3,780円)

[ポイント還元 37ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

◆ 商品詳細 ◆
▼商品内容
■石臼挽きそば360g(90g×4)×1箱
■国産山芋粉入360g(90g×4)×1箱
■信州戸隠そば(太切り)250g×2本
■信州戸隠そばつゆ100ml×3本
■七味唐辛子14g×1缶
(100gが約1人前です)
▼原材料
【石臼挽きそば】
小麦粉、そば粉、食塩、小麦たん白
【国産山芋粉入石臼挽きそば】
小麦粉、そば粉、発芽玄米粉、山芋粉、食塩、小麦たん白
【信州戸隠そば(太切り)】
小麦粉、そば粉、食塩、小麦たん白、炭酸ナトリウム
【信州戸隠そばつゆ】
しょうゆ(本醸造)、砂糖、みりん、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、食塩、かつお削りぶし、そうだかつお削りぶし、こんぶ、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
【七味唐辛子】
唐辛子、陳皮、胡麻、麻種、紫蘇、山椒、生麦
保存方法
直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
賞味期限
1年
特定原材料
そば、大豆、小麦
製造者
信州戸隠そば株式会社
長野市富竹290
▼配送方法
◎配送業者:クロネコヤマト
◎送料:580円
 
≪ここがポイント!≫
石臼挽きそば粉は、大量生産はできないので効率という点では劣りますが、じっくり丹念にひくためそばの風味を活かす点で大変優れ、また速度が遅いため、香りが逃げず、摩擦による変性も防げますので旨味が凝縮されたそば粉となっております。

≪味わい・風味≫
細切仕立ての「石臼挽きそば」と国産山芋粉を加え、滑らかな食感とのど越しの良さを付与した「国産山芋粉入石臼挽きそば」、しっかりとしたのど越しとボリュームのある食感の「信州戸隠そば(太切り)」3種の詰合せ。それぞれの持つ特長ある味わいをお楽しみいただけます。

つゆはそばと相性のよいだしが効いたまろやかな味わいの濃縮つゆ。香り高い本鰹とコクのあるそうだかつお節、それにこんぶを加え返し醤油のまるみのあるあわせ技で、ご家庭でも手軽に本場そば屋さながらのつゆをお作りいただけます。

信州名物の八幡屋七味唐辛子は七つの素材(唐辛子、陳皮、胡麻、麻種、紫蘇、山椒、生姜)をオリジナルのブレンドで味・香り・色をいかし、辛味と香りの調和のとれた独特の味わいの七味唐辛子です。そば以外にもお食事のお供に色々とお楽しみいただけます。 保存性の高い乾麺のセットですので、ご贈答はもちろん年越しそばにも最適です。

タイプ・容量各種はこちら↓
石臼挽きそば+本十割そばのセット (EU-50N)



信州戸隠そばの会社由来
●元来、そば粉100%のそば(十割そば)の製造は、手打ちそばではつなぎや製造工程を工夫しての製造が可能であったが、工業的な製造工程での製品化は極めて困難であった。また、従来の乾麺製造では食塩を使用することが一般的であり、食塩を一切使用しない乾麺製造は大変難しかったが、本製品はつなぎや食塩を使用しないそば粉のみ原料とした製品である。
●本製品の開発は、長野県農村工業研究所との連携により長野県内3社で構成する研究会としてスタートした「本十割そば」の製造だったが、技術的な課題から2社が、製造から脱退し現在は当社1社のみで「本十割そば」の製造を行っている。
●最近では、日本各地からそば粉の持ち込みによる十割そば製造依頼があり、地産・地消で6次産業化の推進、高付加価値化食品の製品化に貢献している。


世界中で愛されるそばの名門信州戸隠そば株式会社
国内にとどまらない世界中からの高い評価
創業以来、そばの名門として絶大な信頼を得ています。全国有名百貨店のお取扱いご贈答品として、また国際線のファーストクラス機内食として日本の食文化の代表「信州戸隠そば」は国内はもとより海外からも高い評価をいただいております。


[長野県信州そば品評会 受賞]
■第49回・54回・57回農林水産大臣賞 ■第50回農林水産省総合食料局長賞

信州戸隠そばの会社由来
 当社はおかげさまをもちまして、家業三代、六十五年を数えるに至りました。遠祖は松代真田十万石の下級武士と聞き及びます。幕府瓦解から御維新にともない、殿様の禄を離れましたので、つてを頼り、善光寺門前の長野横沢町に仮寓し、代々に職人を生業としておりました。太平洋戦争に大負けして、近所合壁みな貧乏になりました時、ソバやウドンの美味しいのを作れば、おかず代がかからないので皆様に喜んでもらえるだろう、と祖父なりに考えました。この味が評判をとり、昭和二十五年に専業化して近隣施設の食堂に納めるようになりましたが、家風なのか商売は苦手であり、評判ほどには儲からなかったそうです。
 ともあれ、はやりはしましたので、昭和四十二年に水の良い郊外富竹に工場を設け、信州戸隠そば株式会社の設立とはなりました。とはいえ、老舗ぞろいの信州そばメーカーのなかでは新参者。ろくに販路はございません。
  それでも昔はのんびりしたもの、千人が一回きり食べるソバより一人が千回も食べるソバを作ろう、が負け惜しみの合言葉。こけの一念で作り続け、工場内と近所のみで、うまいうまいと食べまくっていたら、なんだか日本中に御贔屓筋がいつのまにか万といてくださるようになりました。
 信州戸隠そばの会社由来格別な秘伝はありません。ただ、作ったソバは常に社内で試食し、毎日そうしても美味しいと皆で感じるものだけを製品化しているのです。
 夜郎自大にならぬよう、いろいろな御意見を承れれば幸甚に存じます。

平成好日 社主敬白


江戸時代から第一級品のそばとして名を馳せたてきた戸隠そば。
信州・長野県は旨いそばの地として古くから有名であり、長い歴史と伝統の中で培われてきた高い技術で美味しいそぼをお届けいたします。
国家資格である「製麺技能士」の資格を授かった熟練の職人が、原料の厳選から製麺までを一手に担っております。
そばを知り尽くした職人だからこその目利きで選定した原材料は品質も確かで、旨いそばを生み出すにはかかせません。


ページトップへ